エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「With_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

エンジニアで彼女がほしい人は何から始めればいいのか?

f:id:With_it_ab:20190614140810j:plain
気が付いたらいつのまにか30代。

彼女はほしいけど、全然できる気配がない・・・・。

と悩んでいる人は少なくないはずです。

若いうちは、彼女や結婚よりもやりたいことを優先させるのは良いのかもしれませんが、いつかは結婚を考えているなら、そろそろ本気で相手を見つける行動に移しましょう。

今回はエンジニア向けの婚活支援サービスを提供しているWith_itが、今すぐ彼女がほしいという男性が、簡単にすぐ始められることをご紹介します。

まずは外見に気を配ること

彼女がほしいと思っていても、なかなかできないと悩んでいる人の多くに、身だしなみやファッションに気を配っていないという共通点があります(全員とは言いませんが)。

人は見た目が9割と言われている通り、身だしなみやファッションというのはその人の第一印象を思い切り左右します。もちろん内面も重要ですが、相手に分かってもらうにはある程度の時間が必要です。まずは第一印象をアップさせることから始めるべきです。しかし、ブランド品で着飾る必要も、おしゃれである必要もありません。

女性が最も意識するのは「清潔感」があるかどうか。あとはユニクロや無印良品などのシンプルなアイテムを体系に合わせて選んで着こなせれば十分です。

ファッションもある程度ルールを勉強しておけば、ダサい人にはなりません。参考になるサイトはいくらでもあるので勉強しましょう。

ipping.jp

服装以上に大事なのは身だしなみです。寝ぐせや髭のそり残し、鼻毛、体臭、長い爪などは論外です。最低でも1日に1回は鏡の前で身だしなみチェックをする習慣をつけてください。女性は細かいところを意外と見ているんです。

外見が変われば自信につながり、行動も伴ってきます。自分自身の変化もそうですが、きっと周囲の反応も変わってくるはずです。外見を変えることは簡単ですし、すぐに始められることですので、まずはここから着手してください。

 

ただ、彼女ほしいという気持ちだけはダメ

彼女がほしいという気持ちはわかります。しかし、そもそもなぜ彼女が必要なのかを考えてみたことはありますか?例えば、休日に一緒に遊びに行きたいから、はたまた早く結婚したいから、子供がほしいからなのかで相手を選ぶ基準も変わってくるはずです。

もちろん理想どおりの彼女が現れればそれにこしたことはありませんが、理想が高いほど彼女を作るというハードルは高くなります。果たしてそんな女性が、本当にあなたの彼女になる日がやってくるのでしょうか。だからこそ、目的を明確にして相手に求める条件を整理することが大事なのです。

理想を挙げればきりがないですが、目的さえ明確になっていれば、相手に求める条件もある程度は絞ることができます。極端な例ではありますが、「一緒に休日を楽しく過ごしたい」が目的であれば、共通の趣味があれば、料理が下手でもOKとする、子供好きでなくても良い。といったイメージです。目的を明確にして、相手に求める条件を整理することで、選択肢も広がりますし、彼女を作るというハードルが少し下がります。

 

「出会い」は自ら動かないとできない時代

外見を磨き、目的や条件の整理ができたら、あとは出会いの場に出向くのみです。しかし、やみくもに出会いの場に足を運んでも、それが彼女を作ることを前提にした出会いでなければ意味がありません

ちなみに彼女彼氏のいる20代~40代の男女を対象に、リクルートブライダル総研が「出会いのきっかけについて」を調査した結果が掲載されています。最も高い割合だったのが「同じ会社や職場」となっていて、2番目が「婚活サービス」、3番目は「サークルや趣味・習い事」と続きます。

出会いを自ら開拓するには2番目の「婚活サービス」を活用するのが良いでしょう。なぜなら30代で彼女がほしいと考えている方は、延長線上に結婚があるはず。どうせなら、結婚も考えられる相手との出会いを開拓すべきです。

婚活サービスとは、恋活・婚活アプリやサイト、婚活パーティー・街コンなどのイベント、結婚相談所・婚活エージェントなど。料金も手軽さも利用者の属性もさまざまです。でも本気で彼女がほしいと思っているなら、こういった婚活サービスを活用してお相手を探すのが賢い選択だと思います。メッセージのやり取りが得意だったり、コミュニケーションスキルがずば抜けている人はアプリや婚活パーティーで充分です。

しかし、女性が苦手という人や、より結婚を意識した本気の出会いを求めるならば、結婚相談所や婚活エージェントの活用をおすすめします。敷居が高いと思われがちですが、実は若い人や効率よく相手を探したいという人が賢く利用する時代になっています。自分はなぜ彼女がほしいのか?その目的によって、どの婚活サービスを利用するのかも変わってくるはずです。彼女がほしいのであれば、今回ご紹介した3つのことは、すぐに始められることばかりですので、実行あるのみ!

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain

 

独身エンジニア必見!出会いがないなら今すぐ婚活を始めたほう良い!

f:id:With_it_ab:20190718105031j:plain

職場には女性が少なく、ただでさえ仕事が忙しいうえに、趣味や自己啓発にと多忙なエンジニアは一般的に出会いが少ないと思われがちです。だたし、実際には出会いの場に行く機会がないだけで、エンジニア男性との出会いを望んでいる女性は意外と多いのです。20代は仕事や趣味に没頭するだけでもよかったかもしれませんが、周りがだんだん結婚してくると「このままで自分は大丈夫?」と不安になったりしませんか?出会いがないなら作ればいいだけ。いつかは結婚したいと思っているならば、今すぐ婚活を始めることをおすすめします。

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、独身エンジニア必見の婚活方法をご紹介します!

アプリで婚活は非効率?!

婚活手段としては、マッチングアプリや街コン、婚活パーティなど今はたくさんの選択肢があります。アプリは誰でも気軽に始めることができるので人気も上々。利用者も年々増加傾向にあり、今では婚活サービスとして定着しつつあります。しかし、なかなか良い人に出会えない、トラブルに巻き込まれたという声が後を絶たないのも事実。

実際にWith_itの会員である「エンジニア君(30代前半)」も、やはり職場には既婚者が多く、出会いがないという悩みをお持ちでアプリを3年以上利用されていました。しかし、結婚を前提にまじめなお付き合いをしたいということで無料面談にいらっしゃったのです。話を伺うと、なんとアプリで婚活した3年間で実際に会えたのは2人だけだったそうです。すごーくイケメンではないですが、笑顔のステキな癒し系の男性だったので、とても不思議だったのですが、それが現実のようです。

容姿も年収も趣味もそれなり、、、だけどよい出会いがなかった。それどころか、出会えた2人のうち一人はマンション買わないか?という投資の勧誘だったそうです。LINEでやりとりしている時点で何となく怪しい気配があったそうです。それでもせっかくマッチングしたし、やり取りしているんだから、と実際に会ってみたら「知り合いを紹介する」と・・・。

利用者も多く、安価で気軽に婚活が始められるというのがアプリの最大のメリットですが、実はその一方で潜んでいるリスクもあります。恋愛経験が少なく、女性とのやりとりに不慣れなエンジニアがアプリでステキな女性と出会うためには、それなりの時間や労力を費やす必要があるので、実は非効率だったりします。「エンジニア君」はその後アプリを卒業し、なんと入会後の2週間で交際スタートができたのです!

結婚相談所の女性はエンジニアを待っている

結婚相談所の活動は、まずシステム上でお相手を検索し(With_itが利用するIBJのデータベースには60,000名以上の会員がいます)気に入った方にお見合いを申し込みます。お見合いが成立したら実際にお会いすることができます。その後、交際希望であればプレ交際に進みます。プレ交際の段階では複数人とお付き合いが可能。その後1人に絞って本気交際→成婚という流れになっています。ですので「エンジニア君」の場合は厳密にはプレ彼女になりますが、アプリで鳴かず飛ばずだったお相手探しが、急速に進んだのです。その理由はいくつかありますが、大きかったのはエンジニアが婚活市場では売り手だということです。

ある調査では既婚者の72.7%が「恋愛と結婚は別物」と回答している事実もあり、アプリなどの恋愛市場でモテていなくても、結婚となると話が変わってくるのです。エンジニアは真面目で勉強熱心、基本的には穏やかで論理的な人が多く、そういった特性が結婚をし家庭を築いていく上では最適なパートナーになってくれます。

実際にエンジニアと結婚した女性からは「子育てに協力的」「家計の管理を任せられる」「ルール化したら必ず守る」「誠実で優しい」「浮気の心配がない」などなど良いことばかり!

真面目に婚活をしている女性はしっかりと将来を見据えて、積極的に活動している賢い方です。だからこそ、結婚相手に求める条件も堅実なので、婚活市場では経済的にも安定しているエンジニアが人気職種の一つになっているという側面もあります。よって恋愛市場ではモテている実感があまりなかったWith_itのエンジニアも、婚活市場ではまるで違うということを体感して皆さん驚かれています。彼女がいない歴が長いというエンジニアの皆さんも、ぜひ自信をもって婚活を始めていただきたいです。

婚活する上で大切なこと

いざ婚活をはじめる際、ただやみくもに活動してもうまくはいきません。婚活は長期戦ですので、しっかりとした目標とプラン(いつまでにどんな人と結婚をするのかなど)をまずは明確にすることから始めましょう。そして下記2つは婚活をする上で大切なことですので、意識しておくことをオススメします。

1、婚活する市場がまちがえない

「エンジニア君」は一般的には非モテではありません。単純にアプリ向きではなかっただけです。華やかな容姿や経歴、趣味を持つ男性がアプリにはかなり大勢います(既婚者も含む)。それに加えて女性が喜ぶようなメッセージをマメに送ることに長けているいわゆるモテ男だってワンサカ。そんな市場に、女性慣れしていないオクテの癒し系男性が参戦していっても、それは勝ち目はありませんよね。実際に今でも「エンジニア君」はハイスペック女子から月に何件もお見合いの申込が入ります。

2、積極的に活動する

エンジニアの特徴として、分析力に長けていて、勉強熱心、誠実で真面目というところがあります。「エンジニア君」は婚活にそれを活かし、積極的に活動していたのが良かったんだと思います。わからないこともあいまいにせずにしっかり質問。こちらのアドバイスもしっかり受け止めてすぐに実行してくれていました。お相手選びの際も、やみくもに容姿だけで相手を選ぶのではなく、プロフィールをしっかり読んで、自分とつり合う相手を選んだり。お見合いで話したことはしっかりとまとめて振り返れるようにしたり、事前に質問事項をリスト化しておいたり、、、。きっちりしている所もさすがエンジニアだなと改めて思いました。

3年かけて結果が出せなかったのにWith_itで活動をはじめて、たった2週間で交際を成立させた「エンジニア君」。私たちは彼が特別だったとは思っていません。アプリで婚活をして結婚した人ももちろん世の中にはいます。ただし、それはかなり限られた人であり恵まれたラッキーなひと。安いから、手軽だからとだらだら結果の出ない婚活を続けるのは非効率だと思いませんか??アプリでの婚活は卒業して、次のステージにぜひ行きましょう!

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain

 

恋愛経験が少ないエンジニアほど結婚相談所が良い理由

f:id:With_it_ab:20190619185716j:plain

彼女いない歴=年齢、もしくは彼女と呼べないぐらいの微妙なお付き合いしかしたことがないというエンジニアの方。「いつかは結婚したい」と思っているなら、すぐに婚活をはじめましょう!エンジニアは職場に女性が少なく、かといって合コンとかに行きまくるタイプの人もあまりいないので、出会いの機会が少なくなりがちです。

いつかは、と待っていてもその「いつか」はやってきません。現代は、自分から積極的に動かないと出会いはありません。マッチングアプリや婚活パーティなどなど婚活サービスにはいろいろありますが、恋愛経験がないもしくは少ないエンジニアにこそ結婚相談所や婚活エージェントをおすすめします。

恋愛経験がないのにいきなり結婚相談所?!と思いました??

今回は、エンジニア向けの婚活サービスを提供するWith_itが、恋愛経験がないエンジニアにこそ結婚相談所や婚活エージェントをおすすめする理由をご紹介します。

彼女いない歴と年齢が一緒の男性が増加

男性で彼女いない歴=年齢の人は、20代で50%を超えるとも言われており、30代や40代、50代を含んでも「彼女がいない」男性が多くなっています。先日も、「東京サマーランド」が20歳~29歳の未婚男女1,000名に対し、恋愛事情を調査した結果、「パートナーはいない」は64.9%だったそうです。

男女別にみると、パートナーがいないという人の割合は、男性75.6%、女性54.2%と、男性のほうが20ポイント以上高くなりました。若い世代に“草食系”が増えているといわれることがありますが、20代未婚男性の4人に3人がフリーの状態であることが明らかとなったのです。

prtimes.jp

また、絶食系男子と呼ばれる恋愛に興味がない男性も、一定数の割合がいます。エンジニアのみならず、世の中の男性の恋愛離れが進んでいることは間違いなさそうです。しかし、そうはいってもいつかは結婚したほうが良いんだろうなぁと皆さんは思っていませんか?恋愛経験がない、もしくは少ないからといって婚活市場で戦えないなんてことはもちろんありません。もはや恋愛経験が少ない人は少数派ではない時代です。結婚がすべてではないですし、結婚しない幸せな人生だってあります。でもいつかは結婚と考えているなら、今すぐにでも婚活をはじめましょう。

恋愛経験ゼロの人にオススメな婚活とは

婚活サービスとひと言でいってもマッチングアプリや婚活パーティー・街コンなど、費用や手法、利用者の属性なども様々です。誰でも気軽に始められるのがマッチングアプリですが、純粋に出会いを求めている人だけでなく、悪質業者や既婚者が混ざっているケースも。そういったリスクを回避できない可能性もあるので、恋愛経験がないエンジニアにはあまりアプリはおすすめできません。

初対面の人にも積極的にコミュニケーションがとれるというエンジニアであれば、婚活パーティーや街コンに参加してみるのも良いと思います。一度にたくさんの女性に出会えるので、マッチングできればお付き合いに発展することもあり得ます。ただし、人気のある人の周りには人だかりができて、そうでない人の周りは閑散としているという光景を婚活パーティーや街コンでよく見かけます。楽しめる人とそうでない人とで二極化してしまうという点がデメリットです。

恋愛経験がなく、女性にどうやってアプローチをしたらよいのかわからないというエンジニアには、結婚相談所や婚活エージェントがおすすめです。

敷居が高く、最後の砦というイメージの強い結婚相談所や婚活エージェントですが、最近は若手のアイドルグループがCMに起用されていたり、ライトなプランも出てきたりと、若い人でも利用しやすいサービスへと変わってきています。もちろんアプリのように誰でも気軽にとはいきませんが、でも裏を返せば保証されている安心感やサポート体制があるからこそ、誰でも気軽に入会できないようになっているのです。

結婚相談所は恋愛経験がなくても出会いがある

恋愛経験がないもしくは少ないエンジニアに結婚相談所や婚活エージェントをおすすめする理由はたくさんありすぎて書ききれないぐらいですが、あえて5つ挙げるとしたら下記のとおりです。

 

1、エンジニアは結婚相談所では売り手です
そもそも結婚相談所は女性会員のほうが多いので、ただでさえ男性優位なのです。しかもエンジニアは手に職があるという安定する人気職業の一つなので、結婚相手として女性からもかなりの確率でお見合いのお申込みが来ます。

 

2、婚活をサポートしてくれる第三者がいる
データマッチング型ではなく仲人型の結婚相談所を選んでください。婚活のプロがお見合いの調整やお断り連絡の代行などはもちろん、交際~結婚まで手取り足取りサポートしてくれます。第三者からの客観的なアドバイスを聞けるので、婚活偏差値もぐんぐんと上がっていきます。

 

3、1対1で女性とちゃんと向き合える
結婚相談所はマッチング=お見合い成立なので、確実にリアルな場で女性に会うことができます。はじめは不慣れで疲れてしまうエンジニアもいますが、お見合いを重ねることで女性との向き合い方にも変化が出てきますし、自信もつくようです。

 

4、相手の身元がしっかりしているので安心
せっかく出会えた相手がネットワークビジネスや怪しい金融商品を売りつけてきた。なんてことは避けたいですよね。結婚相談所は入会時に免許書だけでなく、住民票や独身証明書、卒業証明書などの公的書類を提出してもらいますし、結婚の意思がない人はそもそも入会してきません。

 

5、プレ交際システムで複数人とお付き合いが可能
恋愛経験がないのに、いきなり結婚となると少し勇気がいりますよね。でも安心してください。結婚相談所にはお見合い後にいきなり結婚を前提とした本気交際がスタートするわけではなく、プレ交際期間があります。その間は新たなお見合いも可能ですし、複数人と同時に交際することができるんです。

 

何度も繰り返しますが、エンジニアは結婚相手として、女性に大人気なのです!!

まだまだお伝えしたいことはたくさんあるので、もっと詳しく聞いてみたいという方はぜひWith_itの無料相談にお越しください。

もちろんメールでのご相談でも結構です!悩んでいる時間はありません。

「いつかは結婚したい」なら今すぐ行動に移すことをおすすめします。

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain

 

実は理系男子は結婚向き?!出会いがないなら、今すぐ婚活をはじめよう!

f:id:With_it_ab:20190618162312j:plain

学生時代はクラスの女子ともほとんど会話することなく過ごしたという理系男子の皆さん。クラスに数名しかいなかった女子は、いわゆる理系の中でもヒエラルキーが上位の男子に夢中で、まったく相手にされなかった・・・なんて甘酸っぱい記憶をお持ちだったりしませんか?だから女性との交際経験も少ないし、どちらかと言えばオクテなタイプ。社会人になっても出会いはなく、彼女もいない、、、そんな理系の男性は少なくありません。でも安心してください。恋愛ではあまりモテた記憶がない理系男子の皆さんも、婚活市場ではまったく違うのです!

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、なぜ理系男子は婚活市場でモテるのかをご紹介します。

恋愛と結婚は別

理系男子は、どちらかというと草食系で女性とのお付き合い経験も少なく、出会いの場に積極的に出向くというタイプではありません。もちろん中にはマッチングアプリで常に複数人とメッセージのやりとりをしていたり、彼女にも困ったことがなかったり、女性へのアプローチも積極的にできるというハイスぺな理系男子もいます。でも大半の理系男子は恋愛市場では非モテに属するんだと思います。

しかし、ある調査では既婚者の72.7%が「恋愛と結婚は別物」と回答しているという実態もあり、たとえ恋愛市場でモテていなくても、結婚となると話が変わってくるのです。なぜなら女性は恋愛には「ドキドキ」「楽しさ」「自由」を求めますが、結婚には「安定」「安心」「生活」を求めます。ですから、恋愛では「外形が良くて楽しい遊び人」を選んだとしても、結婚では「性格が良くて真面目で堅実な人」を選ぶのです。理系男子の皆さんはどちらかと言えば後者のタイプの人が多くありませんか?それが理系男子が婚活市場でモテる理由です。

理系男子は結婚向き

理系男子は基本的に真面目で勉強熱心、穏やかで論理的な人が多く、文系に比べて就職先の選択肢が多く、給与も高いと言われています。また専門性が高く、自分の好きなことを仕事にしている人が多いです。そういった特徴も、幸せな結婚生活を送る上ではかなり有利になるので、賢い女性ほど理系男子を結婚相手にしたいと考えています。

若い頃は「外形が良くて楽しい遊び人」タイプが女性にモテるのでそういった人たちは恋愛経験も豊富です。しかし恋愛経験が豊富だからといって結婚に有利というわけではありません。理系男子は恋愛経験が少ないかもしれませんが、「性格が良くて真面目で堅実な人」が多いはず。そういった理系男子と世の中の女性は結婚したいと思っているのですから、出会いがないと嘆いている理系男子の皆さん!今すぐに自信をもって婚活をはじめてください。

おすすめは結婚相談所

今や出会いの手段として婚活サービスを利用するのが当たり前の時代になりつつあります。婚活サービスと言っても、マッチングアプリや婚活サイト、婚活パーティーなどいろいろありますが、恋愛経験が少ない理系男子には結婚相談所や婚活エージェントをおすすめします。その理由として代表的なものを5つご紹介します。

1、理系男子はモテる
そもそも結婚相談所は女性会員のほうが多いので、ただでさえ男性優位なのです。しかも理系男子は人気なので、ハイスぺ女子からもかなりの確率でお見合いのお申込みが来ます。

2、婚活をサポートしてくれる第三者がいる
データマッチング型ではなく、仲人型の結婚相談所を選んでください。婚活のプロがお見合いの調整やお断り連絡の代行などはもちろん、交際~結婚まで手取り足取りサポートしてくれます。第三者からの客観的なアドバイスを聞けるので、婚活偏差値もぐんぐんと上がっていきます。

3、1対1で女性とちゃんと向き合える
結婚相談所はマッチング=お見合い成立なので、確実にリアルな場で女性に会うことができます。はじめは不慣れで疲れてしまう人もいますが、お見合いを重ねることで女性との向き合い方にも変化が出てきますし、自信もつくようです。

4、相手の身元がしっかりしているので安心
せっかく出会えた相手がネットワークビジネスや怪しい金融商品を売りつけてきた。なんてことは避けたいですよね。結婚相談所は入会時に免許書だけでなく、住民票や独身証明書、卒業証明書などの公的書類を提出してもらいますし、結婚の意思がない人はそもそも入会してきません。

5、プレ交際システムで複数人とお付き合いが可能
恋愛経験が少ないのに、いきなり結婚となると少し勇気がいりますよね。でも安心してください。結婚相談所にはお見合い後にいきなり結婚を前提とした本気交際がスタートするわけではなく、プレ交際期間があります。その間は新たなお見合いも可能ですし、複数人と同時に交際することができるんです。

数ある婚活サービスの中でも結婚相談所や婚活サービスを利用するメリットやその詳細のサービス内容について、まだまだお伝えしたいことはたくさんあります。だからこそ、もっと詳しく知りたい方にはWith_itの無料相談にお気軽にお越しいただきたいと思います。もちろんメールでのご相談でも結構です!悩んでいる時間はありません。「いつかは結婚したい」なら今すぐ婚活をはじめてください。


↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain

 

アプリのマッチングがうまくいかないのは、アレが原因しかない!

f:id:With_it_ab:20190618163725j:plain



「なかなかいいねをもらえない」「メッセージを送ってもすぐに無視される」出会いがないので、マッチングアプリを使ってみたけれども、なかなかうまくいかないという方も多いと思います。せっかく始めたのに、このまま誰にも会えずに終わってしまうのか?と不安になってしまいますよね。

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、マッチングアプリがうまくいかないときの対処法をご紹介します。

プロフィール写真や文面は印象を良くする

男性は基本的にいいねはもらえないものだと思っていいでしょう。いいねを大量にもらっている男性はイケメンで年収が高く、趣味もオシャレないわゆるハイスペックと呼ばれる人だけです。ですからハイスペックじゃないという自覚のある人は、自分から積極的にいいねを送らないとダメなんです。それでもいいねをもらえない場合には下記の理由が考えられます。

1、プロフィール写真がイケてない
男性だって、年齢や職業よりも、ぱっと見でかわいい子だったら、とりあえずいいねを押しますよね。いいねを押すかどうかは、プロフィール写真でほぼ決まるのです。だからといってイケメンだけがいいねをたくさんもらっているわけでもありません。清潔感があったり、さわやかな笑顔の人など相手に良い印象を与える写真の人もいいねをもらえます。顔が半分隠れていたり、変顔写真などは論外です。プロフィール写真を選ぶ時は、「自分だったらいいねを押したくなる写真かどうか?」を意識しましょう。

2、自己紹介文の印象が悪い
とにかくNG条件をたくさん書いている人がいますが、受ける印象はあまり良くないですよね。また、自己紹介文が少なくてその人の性格や価値観が分からないもの、自虐的だったりネガティブな内容なども、いいねを押したいとは思いません。いくらプロフィール写真が良くても、自己紹介文の印象が悪いと、いいねはもらえないのです。ありのままの自分をアピールすることも大切ですが、第一印象のほうが大切です。どういった自己紹介文ならいいねを押したくなるのかという視点で文章を考えてみましょう。

 

メッセージは長文にしないこと

マッチングアプリで成立したのに、いざメッセージを送っても無視される。なんてことはよくある話です。いいねは気軽に押せるけれど、冷静になったらやっぱり違ったというパターンもあるでしょう。しかしこちらのメッセージの内容に問題があって、スルーされている場合もあります。

相手はあなただけではなく、何人ともメッセージをやり取りしている可能性も高いので、よほどスペックの高い人以外、返信しづらいメッセージは残念ながらスルーされがちです。メッセージをスルーされないためには、相手が返信しやすいメッセージを送ることが大切です。何て返信したらよいか悩ませるようなメッセージでは、面倒くさくなって結局スルーされるのです。

送信する前に自分だったらどう返信するかを考えましょう。慣れるまでは煩わしく思うかもしれませんが、メッセージのやり取りが続けられなければ、実際に出会うところまでいかないのですから、まずはそこを克服できるようがんばりましょう。

 

自分はアプリに向いているか

マッチングアプリもたくさん種類があり、利用者の属性もさまざまです。とくに若い人の間では出会いの手段として主流になっているものの、リスクも潜んでいるのは事実。あとは上手くいっている人とそうでない人とで二極化しているということも考えられます。

ですから、プロフィール写真と自己紹介も変えてみて、メッセージのやり取りもがんばった!それでも良い人に出会えないという人はそもそもマッチングアプリが向いていないんだと思います。「マッチングアプリ攻略法」と検索するといろいろ出てきますが、攻略するための時間も労力もはっきり言って無駄です。

前回のブログでアプリに向いている男子、結婚相談所に向いている男子をまとめていrますので、自分はどちらか確認してみてください。

今はアプリ以外にも婚活パーティーや街コン、結婚相談所や婚活エージェントなど、婚活サービスはたくさんあります。With_itでも3年アプリを利用してもうまく婚活できなかったというエンジニアが、2週間で交際成立できたというケースが実際にありました。自分はアプリ向きではないのかな?と思ったら、潔くアプリを退会して、婚活の手法を変えてみるのがおすすめです。

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain

 

結婚相談所は何歳から入るべき?男性も若いほど成婚率が上がる?!

f:id:With_it_ab:20190718105056j:plain
結婚なんてまだ先でいいと思っていたけれど、最近周りの友人や職場の同僚が結婚し始めて、ちょっと焦ってきたという人。実は焦ったほうがいいんです!賢い女性ほど、出産など将来をしっかり見据えて、20代から真面目に婚活を始めています。しかし、男性は「いつかは結婚」と思っていても、なかなか婚活に本腰を入れよう!とはならないものですよね。でもライバルが少ないうちに、真面目に婚活を始めれば、良い人と出会える確率も上がるんです。適齢期を過ぎてしまうと男性だって結婚するのが難しくなります。結婚相談所に入るのも若ければ若いほど成婚率も上がるのですから、ちょっと焦ってきたというなら今すぐにでも入会を検討してもいいのかもしれません。

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、男性は結婚相談所に何歳から入会すべきなのか、いつから真面目に婚活するべきなのかをご紹介します。

若さもアピールできる要素になる?!

With_itが加盟している会員数業界No.1を誇る日本結婚相談所連盟(IBJ)の会員の年齢層は、男女ともに30代前半~40代前半が最も多くボリュームゾーンです。しかし、女性だけで見ると20代~34歳までの会員数が35歳~44歳の会員数がほぼ同割合で活動中です。つまり、男性よりも女性のほうが結婚相談所に入会する年齢が若いということです。

冒頭でもお伝えしましたが、女性は出産を考えると年齢というタイムリミットがあるので、賢い人ほど早く結婚相談所で活動を始めているからだと言えます。しかし、IBJ会員全体でみても20代~30代前半の男性会員は女性と比べると圧倒的に少ないんです。確かに男性の20代~30代前半は仕事で忙しかったり、趣味や友達との時間が充実していたりと、なかなか「結婚」を本気で意識することはないですよね。しかし同年代の女性はすでに結婚を見据えて婚活を始めているのですから、もし自分と年齢が近い人と結婚したいと考えているならば、せめて35歳までには婚活を始めるべきでしょう。

結婚相談所も賢く合理的に婚活をしたいという人にはおすすめしますが、やはり入会するのは1歳でも若いほうが絶対に良いです。With_itでも30代前半の男性会員はやはり多くの女性からお申し込みが来ていますし、選ぶ立場にいます。もちろん年齢だけではないのですが、アプリとは異なり利用者に30代前半の男性がまだまだ少ないので、「若さ」も結婚相談所では十分アピールできる要素になってくるのです。

男性にも適齢期はある

精子の老化という問題が最近話題になっていますが、それだけでなく年齢を重ねると結婚へのハードルもどんどん上がっていってしまいます。ちなみに2015年の厚生労働省統計情報部「人口動態統計」によると、平均初婚年齢は男性が31.1歳、女性が29.4歳とのことです。また先日、株式会社Parasolが運営する「恋愛婚活ラボ」がマッチングアプリ「ペアーズ」に登録している未婚男女(男性2,807,214人、女性1,233,936人)を対象に、行った独自調査によると、男性のモテは「32歳頃」がピーク!という結果になったそうです。

つまり30代前半が男性の結婚適齢期であり、一番理想の相手に出会える確率も高いということです。極端に年上や年下が好みという方も少なからずいますが、多くの女性は自分と年齢の近い男性との結婚を希望しています。そうなると、男性側も年齢を重ねれば、同じくある程度年齢を重ねた女性としかマッチングできなくなってしまいます。

一方で、男性は「若い女性と結婚したい」を希望する方が多い傾向にもあります。しかし、若い女性は男性を選べる立場にあるので、よほどのハイスペックでないとマッチングは難しくなってしまいます。ですから、いつかは結婚したいと考えているなら、30代前半のうちに婚活を始めるべきなのです。

いつかではなく、今すぐ始める

「いつかは結婚」と考えているなら、今すぐに婚活を始めたほうがよいというのはお分かりになったと思います。彼女がいる人はそこまで危機感はいらないかもしれませんが、彼女を作るところからスタートして、交際~結婚までとなるとある程度の期間が必要です。

「こんなはずではなかった」と後悔しないように、今から動き出しましょう。今は結婚相談所だけでなく、マッチングアプリや婚活パーティ、街コンなど、婚活サービスはいろいろあります。どんな手法が自分に合っているのか、それぞれのサービスのメリットとデメリットをしっかり把握して、選ぶようにしてください。何よりも大事なのが、すぐに動くことです。アプリや婚活パーティはやっているけれども、なかなか良い人に出会えない、婚活が上手くいかないという人は、そろそろ結婚相談所や婚活エージェントを利用することも視野に入れていいかもしれません。だらだら婚活をしていてもお金や時間、労力を無駄にしているだけの可能性もあります。

With_itでは婚活の無料相談も行っています。婚活ってそもそも何?という人や、結婚相談所のサービスをもっと詳しく知りたいという方でも結構です!ぜひお気軽にご活用ください。

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain

 

結婚したいエンジニア必見!進化系結婚相談所の「プレ交際」がすごい!

f:id:With_it_ab:20190619092233j:plain
エンジニアは職場に女性が少なく、出会いがないと言われる職種の一つですが、流行りのマッチングアプリは登録しているし、婚活パーティーや街コンに行くなど積極的に婚活をしている人も少なくないはずです。一方で婚活はしているけれど、イマイチ成果が出ていないという方も多いのではないでしょうか。それは単に勝てない場所で戦っているからなんです。いつかは結婚したいと本気で思っているなら、戦う場所を結婚相談所や婚活エージェントに変えるべきです。

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、結婚相談所や婚活エージェントがエンジニアにおすすめな理由をご紹介します。「婚活がうまくいっていない」「マッチングアプリに疲れた」という人は、ここでちょっと方向転換してみてもいいかもしれません。

今の結婚相談所は昔と違う

最近では婚活エージェントとも呼びますが、「結婚相談所」と聞くと敷居が高く、最後の砦みたいな印象を持っている人もいるかもしれません。しかし、最近では人気アイドルグループがCMに起用されていたり、リーズナブルな料金設定になっていたり、若い人の利用も増えてきているサービスなんです。

実際に会員数業界第1位の日本結婚相談所連盟(IBJ)では、会員数は右肩上がりで増え続けているんです。成婚数も2018年は過去最高に!(ちなみにWith_itもIBJの正規加盟店です)

かつては、「結婚できない男女が焦って利用するところ」「おばちゃん仲人に無理やり結婚させられる」「とにかく会費が高そう」…などなどネガティブなイメージが強かった結婚相談所。しかし、今はそんなことはないんです!

自分の市場価値が高いうちに、理想の相手と結婚したいという人が、賢く利用する時代です。婚活手段はいろいろありますが、結婚相談所や婚活エージェントでは、自分の条件に合った人、かつ結婚の意思があるという人に効率的に会うことができます。アプリや婚活パーティを利用していても「なかな良い人に出会えない」「自分には向いていない」と感じている人は、ぜひ結婚相談所や婚活エージェントも婚活手段の一つとして検討してほしいです。

プレ交際と本気交際がある

結婚相談所や婚活エージェントの画期的なシステムなのに、意外と知られていないのは「プレ交際」(仮交際とも言われます)です。お見合い後にお互いに好印象だった場合は、すぐに本気交際がスタートするのではなく、プレ交際期間に入ります。はじめて会って小一時間程度話しただけで結婚前提の交際をスタートすべきかどうかの判断は、普通はできませんよね?。

なので、このプレ交際期間中は新規のお見合いもOKですし、複数人とプレ交際することがルールとして認められているんです。女性との交際経験が少ないエンジニアや効率的に婚活をしたいというエンジニアにとっては、かなり画期的でかなり合理的なシステムだと思います。

プレ交際を経るので相手のことをより深く知ることができますし、また複数人の中からより自分に合いそうな人を比較検討できるのもかなりのメリットです。マッチングアプリや婚活パーティーを利用して同時に複数人と付き合うのは現実的に難しいですし、とりあえず付き合ってみたけどやっぱり違うとなると色々と面倒なことが発生しますよね。

しかしプレ交際期間中にやっぱり違うと判断した場合も、そのお断りの連絡は専属の仲人やエージェントが代行してくれるので、煩わしさもなく効率的にお相手を見つけることができるのです。

エンジニアには結婚相談所がとてもオススメ

プレ交際というシステムがあることもそうですが、エンジニア男性にとって朗報なのは、アプリとは異なり結婚相談所や婚活エージェントは女性比率が高いこと。しかもまじめに結婚を考えている女性だけが活動をしているので、冷たくされたり、ドタキャンされることも、ましてや危険な勧誘をされるなんてことはあり得ません。

男性というだけでも、結婚相談所での活動は有利なのですが、やはり一定年収以上を稼いでいて、手に職のイメージが強いエンジニアは人気職種の一つなのです。結婚相談所は条件でお相手検索ができるので、「技術職」「IT関連職」とピンポイントで検索する女性もいるくらい。

先日With_itの会員様で、アプリで3年活動していたけれども、まったく鳴かず飛ばずだったという30代のエンジニア男性が、入会後わずか2週間でプレ交際が成立しました。アプリでなかなか良い人に出会えない、婚活パーティや合コンが苦手というエンジニアの方は、ぜひ結婚相談所や婚活エージェントを利用したお相手探しをおすすめします。

ちなみに結婚相談所の費用は高い思われがちですが、アプリで毎月数千円、疲れるだけの合コンや婚活パーティに参加したら1回数千円。それで彼女ができるまでメッセージのやり取り、デートをして、、、となると、その他の婚活サービスを利用していてもかなりの時間・労力・コストはかかってしまうのです。初期費用は多少かかりますが、サービス内容や出会える確率などトータル的に考えると、コスパはむしろ良いのです。

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain