エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活で会話がはずむ質問の方法とは?

f:id:With_it_ab:20190910110709j:plain

 

with_itは理系やエンジニアの方の会員が多いので、結婚相手の紹介だけでなく、婚活中の男女にデートの場所や手法、コミュニケーションの取り方を教えます。

婚活中の男性の中では、容姿がすぐれていたり経済力があるのに「二度目のデート」に結びつかず、なかなか結婚できないという方がたくさんいるのですが、その大きな原因と考えられるのは「会話がうまく続かない」「話していた楽しくない」と女性に思われてしまうからなのです。

婚活においては、会話はもっとも重要なもので、会話がなければ婚活は動かないし、デートだってできません。会話ができないと相手を知ることもできないので、一緒にいても楽しくない。そうなると「また会いたい」と思っていもらえないので結婚を考えることもできないのです。

身だしなみも整えてデートに行っても会話がすべてだといっても過言ではないのです。

そうは言っても女性と何を話していいのかわからないんですよー

そういう方多いので少しづつ教えていきますね

 

婚活において、お見合いやデートの際には相手のことを知ろうとして、質問をする場面が多いですよね。そんなときのポイント!

1.質問が「尋問」にならないようにする

 相手のことを知ろうとしてまるで刑事の取り調べのように次から次へと質問をする男性が時々いますが、それダメ!

その積極性は素晴らしいことなのですが、ちょっとよく考えてみてください。女性は質問されることは決して嫌ではなく、むしろ「興味をもってくれて嬉しい!」と感じます。ただ、質問が矢継ぎ早に次から次へと飛んでくると「尋問されているみたい・・・」という風に真逆の反応になってしまうのです。

 

2、コツは「AND YOUの法則」

相手のお話をたくさん聞きたい気持ちはわかりますが、そこはぐっとこらえて、一度質問したら次は相手からの質問を待つ。というパターンをつくります。

コツは「AND YOUの法則です」

 

僕は高校までずっと地元の公立育ちだけど君は?(AND YOU)

私も!部活は何かしていました?

という感じで答えてくれます。

できればそのまま、生い立ちや生活環境の話につなげていくのがベストですが、婚活において相手がどんな家庭でどんな風に育ってきたかは早い段階で知っておきたいところです。

よって、せっかく質問するなら相手の生い立ちがわかるような、学生時代の話、部活動、アルバイト、習い事などのテーマが良いと思います。もちろんあなたも自分の学生時代の鉄板ネタをいくつかは用意しておかないといけません。

 

 

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。