エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

出会いがないエンジニア必見!自分に合った「出会い」の探し方

f:id:With_it_ab:20190614140810j:plain
職場に女性が少なかったり、休日も勉強や趣味で忙しかったりと、エンジニアの男性は日常生活の中で女性と出会う機会が少なめです。

また、どちらかといえば草食系の人が多く、がんがん出会いの場に出向いて行くということもありません。

 しかし、そんなエンジニアだって交際や結婚に興味がないわけではないので、30歳を過ぎたころから「そろそろ彼女ほしいな」「結婚できるのかな」といったことをまじめに考えるようになります。

そんなエンジニアの多くが「出会いがない」と悩んでいるのではないでしょうか。

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、そんな悩みを持つエンジニアがどのように自分に合った「出会い」を探すべきなのか。恋愛・婚活マーケットの動向も踏まえて、そのポイントをご紹介します。

 出会いの手段はいろいろある

昔に比べて、今は出会うための手段は本当にいろいろあります。

リクルートブライダル総研が毎年実施している「婚活実態調査2018」にて交際期間が2年以内の20代~40代の男女を対象に、出会いのきっかけについて調査したところ、最も多かった回答は「同じ会社や職場」でした。

この結果は、恋愛結婚が主流となってからは不動の1位です。

■交際期間が2年以内の人に聞いた出会いのきっかけ 

 1位 同じ会社や職場:20.6%

 2位 婚活サービス:16.4%

 3位 サークルや趣味・習い事の活動を通じて:13.2%

 4位 合コン以外の友人の紹介:9.8%

 5位 同じ学校やクラス:8.0%

 6位 同じ会社や職場ではないが、二人もしくはどちらかの仕事やアルバイトを通じて:6.8%

 7位 合コン:5.1%

 8位 SNSで:4.7%

※婚活実態調査2018(リクルートブライダル総研調べ)

 しかし、エンジニアは職場(部署)に女性が少ないことが多いので、そこに期待をするのではなく、2位の「婚活サービス」で出会いを探すほうが得策なんです。

もちろん3位以降にある「趣味・習い事の活動を通じて」や「友人の紹介」「合コン」などなどもありですが、そういった場がすでにあるならそもそも出会いには困っていないはず。

他力ではなく自力でいくらでも出会いの可能性が広げられるのが「婚活サービス」の良いところです。

ちなみに2位の「婚活サービス」には、「恋活/婚活サイト・アプリ」、「婚活パーティ・イベント」、「結婚相談所」が含まれています

中でも、ここ数年で一番利用者数が伸びているのは、恋活/婚活サイト・アプリです。

誰でも気軽に利用できるサービスですので、皆さんの周囲にも利用している人は多いのではないでしょうか?

ただし、恋活/婚活サイト・アプリを始めれば誰でも必ず良い人に出会えるということではありません。

婚活サービスの形態もさまざまなので、やはり人によって合う合わないがあるのです。

 婚活サービスを利用するメリットとデメリット

しかし最近では、恋活/婚活アプリやサイト、婚活パーティ・イベント、結婚相談所といった「婚活サービス」が、出会いの方法の主流となってきているのも事実。

これらのサービスは似て非なるもので、それぞれにメリット・デメリットがあります。

実際にそれぞれどんなサービスでどんな人におすすめなのか見ていきたいと思います。

【恋活/婚活アプリ・サイト】

アプリやインターネットサイトで恋人探しや結婚相手を探すことができます。

人気アプリになると会員数1,000万人以上とも言われています。

誰でも気軽に利用できるというメリットがある反面、なかなかマッチングしなかったり、マッチングしても実際に会うまでのやり取りをしているうちに音信普通になってしまったり。

実際に会ったら不動産や保険の営業、宗教の勧誘だった…なんて話も少なくはありません。

しかし年々利用者も増加していて、とくに若い人の間で利用率が高く人気のサービスです。

 ・メリット:ユーザー数が圧倒的に多い、スマホ一つで気軽に始められる

・デメリット:実際に会うまでに時間がかかる、目的がいろいろ(営業や勧誘もある)

・おすすめな人:マメな人

 
【婚活パーティ・イベント】

将来のパートナーや恋人との出会いを求める男女が集まり、相手のプロフィールを見ながら実際に会話をすることで、交際相手を見つけていきます。

街コンや趣味コンなど、一般的な婚活パーティやお見合いパーティよりも気楽に複数の異性と出会えるイベントも最近では増えています。

一度にたくさんの女性に会えるのがパーティやコンパの良いところですが、マッチングできる人とできない人とで2極化します。

ルックスに自信があり、女性とのコミュニケーションが得意な人には向いていると思います。

・メリット:一度にたくさんの女性に出会える、連絡先を交換しやすい

・デメリット:第一印象や見た目を重視される、積極的に話しかけないと一人ぼっち

・おすすめな人:コミュ力に自信ありな人

 
【結婚相談所】

本気で結婚を考えている男女が結婚または、結婚を前提とした交際までの一連の活動をサポートしてもらえます。

入会時には独身証明書など公的書類の提出が必要ので、安心して相手を選ぶことができるのもメリットです。

アプリや婚活パーティとは異なり費用はお高めなので、まじめな「出会い」を求めて積極的に活動をしている人がほとんどなので、マッチング率も高いです。

・メリット:サポートをしてくれる第3者がいる、女性会員が多いので男性優位

・デメリット:初期費用が高い、入会審査がある

・おすすめな人:オクテで真面目な人

 

「出会い」に必要なのは戦略と行動力

出会うための手段には困らない時代です。

出会いがないと悩んでいるエンジニアは、ぜひ積極的に「婚活サービス」を利用してください。

どのサービスにもメリットとデメリットがありますが、実際に試してみて自分がどこの市場であれば出会えるのか、分析してみるのもいいと思います。

 

どんな手段でいつまでに「出会い」を探すべきなのか、その戦略をまずは考える

上手くいけば自分に合っているし、上手くいかなければ手段を変えればよいだけです。

PDCAをまわして課題を解決していくのは、エンジニアの皆さんの得意分野ですよね。

先日With_itにもアプリで何年も活動したけど彼女ができなかったというエンジニアが入会してきました。

しかし、その方は活動開始2週間で交際が成立したのです。アプリという手段が彼には合っていなかっただけなのです。

出会いがないと嘆いているだけでは何も変わりません。

自分から行動することできっと素敵な出会いは訪れます

自分なりの目標を定め、自分に合った「婚活サービス」を利用してみることで、出会いの機会を増やしてください。 

 

 

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain