エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「With_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

すんなり結婚していく男性。その理由は出会いのサポートにあった!

f:id:With_it_ab:20190619185716j:plain

「いつかは結婚は考えているけど、今はまだ・・」と思っていても、親からのプレッシャーなどで結婚を真剣に考えるようになった。
年齢的に35歳を過ぎて独身に疲れてきたし、子供も欲しいからそろそろ落ち着こうと考え始めている。

「結婚はまだしなくてもいい」と思っていた男性が何かのきっかけで、結婚を真剣に考え始めたりすることはよくあります。

でも、頑張って婚活しているのに、なかなかうまくいかない。
なんだかアプリの出会いや婚活にストレスを感じはじめた・・・。

婚活が長引いたり、疲れたりすれば正しい判断も薄れ、ますます結婚は遠のいてしまいます。
なぜ、婚活がうまくいく人と、うまくいかない人がいるのか。

 

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、婚活を始めたエンジニア男子が、結婚相談所で出会いのサポートを受けるという賢い選択をすることで、すんなり結婚できた理由をご紹介します。

 

 

婚活の第一歩は自己分析

30歳を過ぎた仕事一筋の男性が、婚活を成功させるためには、現実をしっかりと見据え現実に即した結婚観を構築することです。
そのうえで、結婚相手を選ぶ際に重要なポイントとなるのは、収入・年齢や容姿よりもむしろ、相手の女性がもつ結婚観、人生観でありそれが自分の持っている結婚観・人生観と共有できるかどうかです。

そのためには、自分自身がどんな結婚生活を送りたいのかを具体的にイメージし、明確な目標をもって行動すること。
これが婚活の第一歩となります。

婚活を成功に導くには、自分の心の真実を見つける必要があります。
婚活は自分探しなのです。

ただ、やみくもに合コンや婚活パーティに出かけていても、時間もコストも無駄な婚活になってしまいます。
本当に結婚したいのであれば、自分はどういう人間で、どうしたいのか。
どんな時にうれしくて、どんな時に悲しくなるのか、人生において大事で譲れないことはなにか。
きちんとお相手に説明できるようにしなければなりません。

 

これ何かに似てますよね。


そう、就活と一緒です。


自分を見つめ直し、自分が何を求めているのか明らかにして、どんな人生を送りたいのか、真剣に考えてみる。

「いい人がいれば結婚したい・・」などという中途半端な気持ちで婚活を始めたら絶対に失敗します。

自分は本当に結婚したいのか、それはなぜなのか。

その理由の含め改めて自分に問いただしてみる。
そのために、自己分析をします。
突き詰めた結果、自分は結婚したいわけではない、という結論に至ることもあるかもしれませんがそれも人生です。

 

結婚相手に求める条件を整理する

自己分析で結婚への思いが確認できて、「なぜ結婚したいのか」「結婚したらどのような生活を送りたいのか」をあげていくと、具体的なイメージと「結婚相手」が見えてきます。

次は、自分が結婚相手に求めている条件も整理し書き出してみましょう。

整理する内容としては、以下となります。

 

①結婚相手として重視する項目は何か
年齢・顔・身長・性格・趣味・家事力・家族構成・学歴・職業等明文化することで自分でも気づかなかった深層心理がみえてきます。

円グラフにしてもわかりやすいかもしれません。

 

②結婚相手に求める条件

下記視点で思いつくままに、たくさん書いてみます。
・相手に求めるスペック(例・年収400万以上、身長160cm以上、大卒)
・相手に求めるキャラ(例:優しさ、友達が多い、食べる事が好き)
・結婚に関する自分自身のこだわり(例:仕事は続けてほしい、一人の時間がほしい)


  
③自分の人生で大切にしている譲れないこと
上記②で書いた具体的条件から、絶対に譲れないことを絞り込んで、譲れない順に記入します。
迷ったら、なぜそう思うのか自分に問いかけてみること。

譲れないものを知ることで自身の心の許容範囲も広がります。

 

婚活はプロジェクトととらえる

仲人型の結婚相談所は、現実に即したお相手選びの出会いをサポートしています。

さらに婚活をプロジェクトととらえて、以下のような内容も具体的に設定するとよいでしょう。


①目的・目標を設定
 目的:どうして結婚したいのか
 目標:いつまでに結婚したいのか

②活動スケジュール
1年以内に結婚を考えているならば、最初の3ヶ月で候補者6名に会って、6か月で3人に絞り、9か月で1名に絞り婚約、12か月目にゴールインする等

③自分磨きや不足している部分を明確にする
ファッションや身だしなみ、食事マナー(婚活は食事を共にすることが多いので、レストランでのマナーやスムーズなサーブ等知っていると重宝します)

④予算管理
婚活には当然資金が必要です。お相手とのお茶代、デート代、相談所の登録費用等。
また、上記の自分磨きの費用も追加して把握しておくとよいですね。

 ①~④を図にしたイメージは以下のようなものです

f:id:With_it_ab:20190630145520j:plain

参考:著者 植草美幸「婚活学講座 尊敬婚のすすめ」

 

これらを業務推進と同様にスケジュールに具体的に書き込み、月・週で何をどうするということが明確にし、いわゆるPDCAで婚活プロジェクトの進捗状況を確認・検証をします。

もちろん、上記以外でも仲人型結婚相談所は、出会い→初デート→2度目以降のデート→結婚を決める→婚約から結婚式までしっかりとサポートしています。

 

発想の転換で、「婚活も仕事のひとつ」と思って臨めば、うまくいきます。

その時々の感情に流されず、何事も理性で判断し、理路整然と淡々と婚活プロジェクトを進めていくほうが、成功率は高くなるのです。

といっても心を封じ込めるということはでなく、本気で結婚を考えているのなら、相談所の出会いのためのサポートを上手に活用し、楽しく戦略的に行動することが大事だということ。

そして1日も早くだらだら婚活にピリオドをして、今より精神的にも肉体的にも幸せな日々を手にいれてください。

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain