エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「With_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

本気で出会いが欲しいなら今すぐアプリはやめよう

f:id:With_it_ab:20190718140443j:plain

出会いを求めてとりあえず流行りのマッチングアプリに登録したという人は多いと思います。安価で気軽に始めることができるアプリですが、実は出会えている人とそうでない人とで二極化しているのも事実。

アプリ攻略法や完全マニュアルなるものがたくさん出回っているので、真剣に取り組めばそれなりの成果は出るかもしれません。しかし一部のハイスペック男子(中にはなんちゃってや既婚者もいますが)ならまだしも、女性とコミュニケーションとるのが苦手な男性がマッチングアプリを利用して、真剣にお付き合いできる相手、将来のお嫁さん候補を探すのは至難の業です。

もし本気で彼女がほしい、婚活したいと思って出会いを求めるなら、マッチングアプリでの出会いは期待しないほうが良いでしょう。

利用率NO.1のマッチングアプリPairs(ペアーズ)でさえ、結婚相談所のようなサービスを作ったのはご存じでしょうか?時代は結婚相談所へと移り変わってきているんです。

今回はエンジニア向けの婚活サービスを提供しているWith_itが、なぜ本気で出会いが欲しい人はマッチングアプリではなく、結婚相談所なのか?その理由をご紹介します。

アプリでは出会えない?

リクルートブライダル総研によると、2018年婚姻者のうち婚活サービスを通じて結婚した人は12.7%tと過去最高に。婚活サービスを利用する人も3人に1人の割合となっています。ただ、この数字をみて、俺でも大丈夫かもと簡単にアプリでの出会いを期待するのはダメです。

マッチングアプリは、料金が安く誰でも登録・入会できるのは良いことですが、婚活以外の目的で登録している方も多いのも事実。また、いいねからマッチングして、メッセージのやり取りが始まりますが、リアルに会うまでの時間が長いし、会うこともなく終わることがほとんどなのも事実。つまり、かなりの時間とマメさが必要なのがアプリ。またリアルに出会えた後でも1回だけで終わっているという話もよく聞きます。リクルートブライダル総研の調査結果のように、アプリの利用者は年々増えていますが、素敵な出会いとなる(お付き合いまで発展できるには)かなりの努力やマメさ、相手が返信したくなる文章力等が必要なのがアプリなのです。

マッチングアプリは非効率

先日、アプリでも出会いに困っていなかったし、交際経験も普通にある非モテではないエンジニアの方が、彼女と別れたからとWith_itへの入会を決意されました。決め手は「より効率的に出会えそうだから」とのことでした。

マッチングアプリには多数のユーザーがいて、その人たちが無数に「いいね」を送り合うわけですから、マッチングは成立しやすいです。しかし、そこからリアルに会うまでのプロセスが結構大変ですよね。マッチング成立後は「ありがとうございます。仕事は何されているんですか?趣味は?」という具合にやり取りが始まります。

テキストによるコミュニケーションが得意でマメな人には向いているでしょうが、実際に会うまでの不毛な?やり取りは続けないといけないのは、そうでない人には結構しんどかったり。しかもマッチングが成立した相手が1人なら良いですが、それが3人4人となったら、もうわけがわからなくなりますよね。それを楽しいと思えるなら全然OKです。

しかし、「やり取りが面倒になった」という理由がアプリ退会の一番の理由でもあります。マッチングが成立した後、メッセージでのやり取りが上手くいけば、ようやく出会えるというのがマッチングアプリのしくみです。メッセージをやり取りするタイミングや、話題が合えば、出会うまでもスムーズなのでしょうが、話題が深堀されなかったり、継続的に送りづつけないと、億劫になってしまい・・・最終的には自然消滅という方も多いようですね。

マッチングはたくさん成立するけれど、リアルな場で会うまでには時間も労力もかかるので非効率なんです。婚活で大切なのは一人でも多くの人に出会うことです。真面目な出会いが欲しいなら、もうマッチングアプリを使っている場合ではないんです。

結婚相談所がアツい理由

では、彼女が欲しい、将来のお嫁さん候補との真面目な出会いを求める人が、マッチングアプリ以外で確実に出会える方法とは何でしょうか?

もし「いつかは結婚を」と本気で考えているなら断然、結婚相談所がおすすめです。なぜなら結婚相談所での婚活がより効率的で、理想の相手と出会うまで最短ルートをたどることができるからです。いくら毎月の料金が抑えられるからといって、だらだらとリアルに出会うまでに時間やお金、労力も無駄使いしていては、コスパが良いとは言えません。

入会時には独身証明書など公的書類の提出が必要ので、安心して相手を選ぶことができるのもメリットですが、気軽には始められません。ただし、まじめな「出会い」を求めて積極的に活動をしている人がほとんどなので、マッチング率も高いです。

また、第三者が間に入ることになるので、交際が成立するまで直接メッセージをやり取りすることもないですし、せっかく会えることになったのにドタキャンされたり、音信不通になったりなんてことはありません。

マッチングアプリにもそろそろ疲れてきたなという方は、ぜひ結婚相談所について少し調べてみてください。敷居が高いと思われがちですが、最近ではサポートは仲人型ほど手厚くはないですが、データマッチング型やオンライン結婚相談所といった、比較的安価な結婚相談所も増えています。

↓↓無料相談受付中↓↓

f:id:With_it_ab:20190612134144j:plain