エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活中のデートを99.9%成功させるには下準備が大事!!

f:id:With_it_ab:20190910110709j:plain

婚活中はデートを重ねることで相手を知っていきます。

しかし、モテる男性と嫌われる男性はデートお誘い方が違うのです。

モテる男性のデート誘い方は「ちょとそこまで一緒に歩かない?」という気軽な感覚でいるのです。

つまりこのような感覚で気軽に相手をデートに誘えるほどの関係性を事前に作っています。「僕と君は一緒に行くのが当たり前だよね」と自分と相手が思えるほどに会話を重ねているのです。

対して嫌われる男性は、あまり相手と仲良くない段階から「デートにいこう!」と誘ってしまいます。通常のデートはどんなに短くてもディナーであえば2時間程度かかりますよね。前後の移動時間や準備などを含めれば、4時間位は取られるでしょう。

そういった時間を一緒に過ごすわけですから、あまり知らない人や話していて楽しいと思える人以外とは誰もデートに行きたいとは思えません。

そういえば以前、デートどころかいきなり相手に告白して撃沈したことがあります。僕の中でデートは告白してOKもらってからするものだという考えがなぜかあって、でも、結局すぐお別れしてしまいましたけど・・

会話を重ねたり相手と過ごす時間を重ねることで、相手を知れるわけなので、そのうえで今度●●行かない?と誘うほうが後で告白も成功すると思いますよ・・・

 

そういう意味では、モテる男性は楽しい時間を提供できるプロフェッショナルなのです。ただ、楽しいといってもお笑い芸人のように話題がポンポン出てきたりする必要はなくて、一緒にいて居心地のよい時間を感じてもらえればいいので、少しだけ気の利いた会話ができればいいぐらいなのです。

 

では気の利いた会話はどうすればできるのか?モテる男性は「相手に興味をもつこと」から始めています。普段どんなテレビを見ているのか?休日はどんな過ごし方なのか?など、相手に興味をもって質問を考えて会話を展開していきます。

重要なのは、ライトな話題から会話をして、次第にディープな話題に移っていくのです。相手に抵抗がおこらないテンポで徐々に心の距離を縮めるためです。

 

モテる男性はこうして関係性を築いた後に「気分転換にそこまで歩こうか?」という感覚で「そうだ、今度食事でもいこうよ」とデートの提案をしています。

この段階で心の距離が縮まっていますので、断られることはまずないはずです。

つまり、デートに誘うことに成功するためには事前の下準備が鍵を握っているというわけです!

いきなりのデートの誘いより、断れない関係づくりが先なのです!

 

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。