エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

LINEは婚活でも絶対に欠かせない!初回デートまでに抑えるべきポイントとは?!

f:id:With_it_ab:20191115142709j:plain

婚活で欠かすことができないLINEのやりとり。たかがLINEですが、これが結構あなどれないんです!!!

実際にwith_itの会員様でも「LINEがかみ合わない」「LINEがウザい」といった理由で、お断りをされてしまった人がいました。。。

今回は出会ってから初回のデートまで、どういった点に気を付けてLINEをすればよいのかをご紹介します。

婚活パーティーや合コンで「また会いたい」と思った人に最初にLINEする内容は、

〇〇さん、今日はありがとうございました!とても楽しかったです。良かったら近いうちにご飯でもいきませんか?

ぐらいのシンプルなメッセージが無難。先手必勝なので、できるだけ自分が先にLINEを送るようにしましょう。それだけでも好印象です。

 この段階では「敬語」を使うというのがポイントで、きちんとした人だということをアピールします(いきなり慣れ慣れしい口調でのメッセージは嫌われます)

そうすると、脈ありの女性であれば「こちらこそありがとうございました。予定確認してまたご連絡しますね」といった返信がくるはずです。

意外とこのメッセージに返信しない男性が多いのですが、

了解しました!お待ちしてます

ときちんと返しましょう。自分から送ったLINEは自分で終わるように心がけると良いと思います。
そして、後日「来月の〇日はどうですか?」と連絡が来たら、

〇日大丈夫ですよ!時間と場所はどうしましょうか?
何かリクエストあればおしえてください。
もしお任せいただけるなら、お店予約しておきます

ここでは、相手の希望を必ず聞くというのが大事なポイント。たとえ自分の行きつけのお店に連れて行きたかったとしても、礼儀としてちゃんと確認するようにしましょう。

たいてい女性はお任せしますと言ってくるはずですので、予約が完了したら、場所と時間を遅くとも3日前までには連絡しましょう!

そして仕事でもアポの前日に確認連絡を入れるのと同じで、

明日は予定通りで大丈夫そうですか?楽しみにしています

リマインドLINEをしっかり送りましょう。ここでまた気遣いのできるしっかりした人という印象を相手に与えることができるからです。

女性はLINEでのコミュニケーションを重視する傾向にあり、単に連絡手段と思ってLINEをしてしまうと失敗する可能性もあります。

初回のデートまでは、相手を気遣いながら、必要最低限のシンプルな文面のLINEでOKです。返信が無いからといって催促したり、やたらとスタンプを使うなんてことは論外!

実際にデートをした後は、LINEの回数を徐々に増やしていき、雑談を交えたり、スタンプを使ってみたりと、ちょっとずつフランクにしていくのがおススメです。

婚活を成功させる簡単なLINE術なので、ぜひ実践してみてください。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。