理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

うっかりが命取り?!婚活男子のえらそうに見えちゃう言動とは

 f:id:With_it_ab:20191128151413j:plain

婚活エンジニアのために、婚活マニュアル的ネタです※毎週土日更新

今回のテーマは婚活準備編「えらそうにみえちゃう言動とは」です。

 

 婚活って本当に会話が多い状況です。特にエンジニアの方は普段の仕事でそんなに会話しないし、課題解決が大好物なので、良かれと思った彼女の話に本気で答えたらちょっと不機嫌になったりしたことありませんか?

そんなつもりは無くとも何気ない振る舞いや言動が、女性や彼女からすると妙にえらそうに見えてしまうことがあります。納得いかないかもしれませんが「女性とはそういうものだ」と理解するしかないのです。

とはいえ、実際にえらそうにしてないか、ちょっと自分を振り返ってみてください。

それダメ~の主なパターンは以下の3つです。

 

それダメ~その1「自説を披露」

女性が話した内容に対して「自分はこう思うかな」と軽く自説を披露する。自分は思うかな程度に軽く言っているつもりでも、女性は「えらそうに意見された」「決めつけられた」と感じることがあります。はい、めんどくさいですねw

覚えてほしいのは基本女性は「意見」ではなく「共感」を求めるのです。

これは!うっかりやりそうです(涙)

それダメ~その2「友人のバカ話」

単なる笑いのネタとして話しているつもりでも「友達を下に見ているひと」と取られてしまうことがあります。自虐ネタも含めて「誰かを蔑む話」はリスクが大きいので止めておきましょう。友人の話をするときは”誉める”ことが基本です。

恐妻をもつ友人の話なんてアウトですね!気を付けよう

 

それダメ~その3「腕や足を組む」

これは無意識にやってしまう方多いのではないでしょうか。実はこの振る舞いは女性のほとんどが”えらそう”と感じる振る舞いなのです。誠実な対応だからこその腕組でも絶対NG行為です!!

テーブルの下で見えないと思って足を組んでいても、落ち着きなさそうに見えたり、足先が女性に当たる可能性もありで”えらそう”に加えて足を広げたり伸ばしたりするのも”だらしない”という印象も与えます。

僕、真剣に聞いてうっかり腕組んだ記憶ありますが、確かに笑顔が消えてました・・(涙)

真剣に誠実に対応している気持ちは十分わかりますが、女性は本当に面倒な生き物なので振る舞いには気を付けましょうw

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。