理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

もしや結婚できない男?!初対面の女性に否定や指摘は必要ない

f:id:With_it_ab:20191025111846j:plain

正義感が強くてまじめな人に多いのですが、相手の言い間違いや些細な勘違いを鋭く指摘する人っていますよね。あとは、相手に合わせるということが苦手な正直な人。

実はこのタイプの人って、第一印象が最悪で、付き合いが長くなるほど魅力が分かって、結果「なんだいいやつじゃん!」ってめっちゃ仲良くなるパターン多くないですか?

人間としては魅力的なのに、社交辞令や共感してる風を演じる力があまりないというか、、、。どちらかと言えば理系やエンジニアの人に多いように感じます。個人的には初対面から愛想よく社交辞令感が満載な男性よりも断然タイプです♡いわゆる不愛想で朴訥な感じの男性。

でも婚活では、第一印象がすべて!と言っても過言ではありません。初対面でいかに相手に好印象を与えられるか。また会いたいと思ってもらえるかが勝負なんです。

噛めば噛むほどうまみが出るような男性は、婚活市場では圧倒的に不利になってしまいます。

なので、もし自分が否定や批判するのがクセになっているという人は要注意です。とりあえず、出会ったばかりの女性に対しては、些細な言い間違いやミスもスルーしましょう。

やりがちなのが、単純な言い間違いや違った意味でその言葉を使っているとき。気にになりますよねー。私も知人や会社の同僚だったら速攻で突っ込みます。

本来ならその間違いを指摘してあげるのが「優しさ」ですし、本人のためにもなりますが、婚活では必要ないです。例えマヨネーズをマネヨーズと言ったとしても、、、←コレはさすがにないかw

あとは理解できない趣味や好きなモノ、ことを否定しない!映画や旅行など王道の趣味を持つ女性ばかりではありません。プリザーブドフラワー、ピラティス、ハワイアンキルトとかとか男性にとっては理解しづらい趣味の話をされることだってあります。

例え興味が無かったとしても、絶対に「面白さが分からない」「お金かかりそう」など否定的な反応はNGです。

女性は基本的に共感してもらいたい生き物です。言い間違いを正してもらうことより、うんうんと笑顔で話を聞いてもらえることを望んでいます。婚活で成功したいなら、些細なことはスルーして、否定したくなってもグッと我慢できる術を身に付けましょう。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。