理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

【婚活エンジニア必見】好きな服より「似合う」服を着るとモテる?!

f:id:With_it_ab:20191009124844j:plain

婚活中はお見合いやデートを重ねることが多く、女性だけではなく男性のもファッションに費用がかかります。ファッションは「自分がどういう人物なのか」を相手に一目で知らせることのできる非常に強力なツールなのですが、ファッションをおろそかにしてしまうと逆効果になってしまいます。

エンジニアのファッションといえば、Tシャツ、チェックシャツ、パーカーが王道ですがwいざ、婚活でデート服をそろえようと思ってもどうしていいかわからないというwith_itの会員も多くいます。そんな時に私たちは「好きな服」と「似合う服」は違うよ!ということを話しています。

誤解しないでほしいのは、好きな服を着てはいけないということではなく、婚活においては第一印象や好感度が重要なので「自分の最も似合う服を着る」ということを推奨しています。似合う服というのは、人柄や目の色、雰囲気などに合う服のことです。似合う服が示すものは周りから見たその人のキャラクターなのです。

例えば、エンジニアの方はシャツやパーカーが王道ですが、この職業だから着ていたほうがいいのかもwとか周りに浮かないようにと着ている方もいるかもしれません。ですが、Tシャツやデニムより、スーツスタイルやジャケパンスタイルのほうが人柄や雰囲気上、好感を持たれる方もいるかもしれません。 

とはいえ「何を着ていいのかわからない」という方がエンジニアの方はほとんどだと思います。自分に似合う服というのは、先ほども言ったように自分の人柄や雰囲気、セルフイメージが影響を与えているので、あなたのことをよく知る友人や同僚に「俺ってどういう服が似合うかな?」と聞いてみてください。

僕は今の嫁と交際中に指摘されてだいぶ変わりました!チェックシャツとパーカーは殆ど着なくなりましたねw

いつもおしゃれですもんね。奥さんの影響だったんですね。女性目線大事ですね

婚活においては女性目線を意識することも大事なので、女性の友人や同僚にも聞いてみてほしいです。意外にもあなたのことをよく知る人たちは自分の思う全く逆の感想が返ってくる場合もあります。教えてもらったあなたのキャラクターに似合う服装をいろいろ試してみて、その中で最も評判の良かった服装があなたに似合う服装でありキャラクターになります。

婚活が成功したり成婚が早い方は自分のキャラクターを分析して似合う服を知っていることが多いです。友人知人に聞きづらい方は、お店に行ってトータルコーディネートをお願いするのも一つのやり方です。

 

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。