理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活でLINEを有効活用できてる?デートの日程を決めるだけのツールではない!

f:id:With_it_ab:20200107104055j:plain

デートの日程が決まった後もLINEとかってしたほうがいいものですか?

相手の女性のタイプにもよりますが、女性は今日あったことや自分の気持ちを伝えるツールとしてもLINEを使うという人が多いですね。

いわゆる世間話的なやつですかね。男同士だとなかなかそういうLINEはしないですもんね。。。

そうなんです!婚活では必ず話題になるLINE問題。with_itの会員様でもこのLINEが原因で、せっかく交際成立したにもかかわらず、お断りをされてしまうという方が時々いらっしゃいます。ちなみにそういう方にはしっかりとLINE術を伝授します。

大前提として、女性は共感の生き物ですから、基本的にはデートの日程だけを決めるツールだとは思っていません。ですので、男性からLINEが来ないと「私にあまり興味がないのかな」「私の優先順位って低いんだろうな」とあらぬ方向に思考が行ってしまうんです。しかし、男性としてはデートの日程も決まったし、別に特段用事はないからLINEを送る必要もないと考えているわけです。

デートの日程が決まって、さあこれからという段階なのに、すでに小さなすれ違いが生じてしまっていますよね。。。

なので、男性の皆さん!婚活中は少しLINEの使い方を意識して変えてみてください。とりあえず下記3点を心がければ、女性を不安にさせることはありませんし、デートの日まで二人の距離も少し縮まっているはず。

1、1日1往復は何かしらメッセージのやり取りをする
まずは「おはよう、今日は天気が良くて気持ちいいね」だけでもいいです。それで向こうのペースを探ってみましょう。自分だけが一方的に送ることのないように、送信するタイミングは考えましょう。

2、返信は後回しにしない
仕事中はともかく、あとで返信しようと既読スルーにしてしまうのは危険。メッセージを読む時間があるなら返信だってできるはず。長文じゃなくていいので、なるべくタイムリーに返信をしましょう。

3、必ず自分で終わる(スタンプでもOK)

自分からメッセージを送った場合でも必ず会話の最後は自分で終わるように心がけましょう。そんな気遣いを女性はうれしいと感じるものです。

職場恋愛でない限り、学生の時のように毎日会えるわけではありません。そんな2人が結婚に向けて活動するわけですから、LINEは有効活用しないともったいないですよね。

これまではただの「連絡ツール」にすぎなかったかもしれませんが、素敵な人に出会えたなら「婚活ツール」としてどんどんLINEを活用することをおススメします。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。