理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活は2回目デートが勝負?!次につなげるためにするべき会話とは

f:id:With_it_ab:20190910110709j:plain婚活は、初回のデートが最難関だと思われがちですが、実は2回目のデートのほうが重要なんです。

初回はあくまでも顔合わせ程度なので、生理的に無理かどうかを判断されます。お付き合いする相手としてOKかNGかの判断をするようになるのが2回目デートからなのです。

ですから2回目デートが成功すれば、二人の距離もグッと縮まり、結婚への第一歩となるわけです。もちろん、初回デートが成功しないと、2回目のデートはないので、初回デートも大事です。

初回デートを突破して、2回目のデートにこぎつけたことで、気持ちに余裕が生まれるのも分かりますが、油断は禁物です。なぜらなら異性として、将来のパートナーとして惹かれる部分があるかどうかは2回目以降のデートで判断されるからです。

初回デートが上手くいったから、これは脈あり!と勘違いしてしまうのは、時期尚早です。実際にwith_itの会員様でも、気持ちが舞い上がってしまい、相手に対して馴れ馴れしい態度をとったり、距離を詰めすぎたことで、交際をお断りされてしまったケースがありました。

ついつい油断しがちな2回目デートですが、初回デートの時と同じように適度な緊張感をもって相手に接するよう心がけることが大切です。

婚活中ということで、相手に確認したいことがたくさんあるかもしれませんが、質問攻めにするのはNGです。婚活を意識しすぎて重たい話をするのも避けましょう。

2回目のデートでするべき会話は、いろんなテーマを深く掘り下げて話してみること。趣味でも仕事のことでも、テーマは何でもOK。本音で深く話すことでお互いの価値観を知ることができるのでおすすめです。

男性がやってしまいがちなのですが、部下に面談をするような口調で否定をしたり、質問をするのはやめましょう。あくまでも会話を楽しみながら、初回デート時に分からなかった相手の価値観を知るということが目的です。

結婚となると、相手の家族について聞きたくなるのも当然ですが、2回目デートでは、「どんな子どもたっだの?」と質問するのがおすすめです。そうすると自然と親や兄弟の話題になることが多いからです。

2回目のデートは婚活ではとても重要。初回デートの時よりも相手をよく知るために、ゆっくりと深い会話をすることを心がけてください。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。