理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

【婚活エンジニア必見!】デート時に女性の金銭感覚を知るにはどうすればいいですか?

f:id:With_it_ab:20200130151245j:plain

最近は女性も働き続けることを希望する方が増えてきているので、共働き夫婦は当たり前となってきました。そんな中で最近結婚相手に求める条件として、「自立している」「経済観念がしっかりしている」が増えてきました。特にwith_itの会員は男女ともにほぼ100%です!。その中で男性会員から「相手の女性の金銭感覚を早めに知りたいのですが・・」とご相談を受けました。

お会計時は様々な思惑が交差する瞬間でもありますし、1回目ではおそらく男性のあなたがおごることが多いはず。でも2回目は?無事付き合うことになってもずっと俺なの?とお会計問題に悶々と考えている男性結構多いのです。

「若さと美貌を求める男性」と「経済力を求めた女性」の組みあわせや一時の恋愛だけを求める場合は、お相手の金銭感覚など関係ありませんが、結婚を意識したお相手に、男性は「金銭感覚」に関して敏感になったほうがいいでしょう。

年齢や立場、お店の価格帯によりケースバイケースがあるので、一概には言えないものの、金額の大小関わらず、支払い行為は「素」が出やすい場面なので、相手の女性の「金銭感覚」を判断できそうな場面があります。

それは、伝票を持ってきた時に「おいくらでしたか?」とかお店を出た直後に「先ほどのお会計は・・」と聞くタイプの女性は、ある程度自分で支払う意思があると思ってよいでしょう。もちろん、男性が断る前提で演技をしている女性の可能性も高いですが、男性側が本気にして「じゃあ、半分の5,000円で・・」と言い出せば、支払わざるを得ませんので、ある程度"身を削る覚悟がある"と見て良いです。また店内で聞かず外にでて聞いた場合は、お店の人への男性のプライドを配慮した上級対応なので賢い女性とも言えます。

婚活や恋愛本では、女性は出す振りをしましょうって書いてありますよね(苦笑)

たしかにそうですが、それでも出す気がない・そぶりすらも見せない方もいますからね。恋人作りならまだしも、お互い婚活なので相手の行動で判断は必要です。

対して「私は女性だし支払う必要はない」という態度をいつも感じるor出す女性は、どんなに美人でも!この考え方のまま結婚に突入すると、教育費などで支出が増えたり収入の変動で家計が厳しくなった際、家庭を任せることは難しい相手なので、経済的に自信がある方以外はお付き合いを考えた方がよいでしょう。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。