エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活あるある?!いつも初回のデートで終わってしまう

f:id:With_it_ab:20191025111846j:plain
婚活中なのですが、いつも初回のデートで終わってしまい、いつまでたっても彼女ができません。
何がいけないのでしょうか?

with_itの会員様でも初回デートでお断りされるというケースは少なくないです。
初回デートで押さえるべきポイントがいくつかあるんです。

with_itでもお見合い後に仮交際へと進んだものの、1回目のデート後にお断りをされるというケースは少なくありません。

なぜなら、仮交際が成立したとはいえ、まだ出会って間もない二人なので、本当に結婚を前提にお付き合いしたい相手なのかどうかを見極められるのは、この初回デートのタイミングになるからです。

お見合いはあくまで顔合わせで、条件面はクリアしているのでお会いした印象が良いか悪いかを判断するという意味合いが大きいと思います。

そこをクリアしたら次は検討期間に入るわけです。ですから初回デートは気を抜かず、間違っても彼氏面なんてダメ

かといってアプローチが全くないのも結婚の本気度が伝わらないと女性を不安にさせてしまったり。要はそのつかず離れずの微妙な距離感をどう縮めていけるかというのが重要なんです。

最近は婚活でLINEを使っている人がほとんどですよね。しかし、まだ彼氏彼女ではないので相手の利用頻度や温度感を確認する前に、いきなり長文を送ったり、大量のメッセージを送りつけたりするのはNGです。

実際に仮交際ができたということで舞い上がってしまい、相手の状況を考えずにLINEをし、結果それが理由でお断りをされてしまうケースもあるのです。

初回のデートでさりげなく、そのあたりも確認してみると良いでしょう。ですから、初デート前に、LINEの嵐!!なんてことは間違ってもしないようにしてください。

ではどうやって次につなげるべきなのでしょうか?熱烈に口説き落とす必要はありませんし、それはできないと思います。

もちろん会話を楽しむことが前提ですが、初回デートの際にアドバイスしているのは「次のデートの話をする」ということ。いたって簡単です。

「最近気になってるお店とかありますか?」「〇〇です」「じゃあ次はそこ行ってみませんか」とか、帰り際にちゃんと「今日は楽しかったです、次はランチのお誘いしてもいいですか?」などなど、会話の随所に次を匂わすフレーズをちゃんと入れてみること。

デートをしてもらえたということは、相手もあなたに悪い印象は持っていません。女性は面と向かってのアプローチはうれしいですし、むしろ自分に興味を持ってもらえると感じます。初デートはほどよい緊張感と節度あるアプローチを心がけて、次のデートまでつなげましょう。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。