理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

親のOKをもらうまでが婚活!男性にとっては最後の難関??

f:id:With_it_ab:20200129123522j:plain

順調に交際を続けプロポーズも無事に終えたら、いよいよ両家の親へ結婚の挨拶をしに行くことになります!

いざ挨拶となると緊張と不安でいっぱいになってしまうかもしれませんが、挨拶の際のポイントや当日の流れを事前に把握しておけば大丈夫です。

結婚の挨拶は、まず女性側の親へ挨拶に行くのが一般的です。また、事前に女性側から要件を伝えておいてもらえば、ご両親の心の準備もできていますし、当日の流れもスムーズです。

ご両親のOKをもらうまでは婚活は終わっていません。婚活中もそうですが服装は第一印象を決める大切な要素です。清潔感のある身だしなみを心がけましょう。

男性ならスーツまたはジャケットにネクタイ着用がおすすめ。靴も前日にしっかり磨いておきましょう。

また、結婚の挨拶に限ったことではないのですが、自宅に訪問する際には手土産を用意するのがマナーです。手土産は玄関ではなく、部屋に通されてから渡しましょう。

いよいよご両親とのご対面になるわけですが、席についていきなり本題に入るというのは避けたいです。少し歓談をし、場の雰囲気がある程度和んだら、結婚の話を切り出すのが良いでしょう。

男性の挨拶で一般的なのは「〇〇さんと結婚をさせてください」「〇〇さんと結婚を前提にお付き合いさせていただいております。結婚の承諾を頂きたく、ご挨拶にまいりました」など。

ドラマなのでよく見る「お父さん、娘さんを僕にください」というフレーズは、「娘は物ではない」とお父様から反感を買ってしまう可能性もあるので使わないほうが無難です。

挨拶の言葉も事前に準備をしておき、シミュレーションしておくと安心です。最近ではあまり聞かないですが、ご両親の了承を得られないケースも想定はしておいたほうが、その場でパニックになることは避けられます。

万が一、そうなってしまった場合には、その場は一旦引き下がるでOK。絶対にご両親を説得する!という強い気持ちで、何度も足を運んで誠意を見せましょう。

きっとその努力は報われるはずです。ただ、そういったケースはあくまで少数派。何事にも「絶対」はありませんが、程よい緊張感と自信をもって挑めばきっと大丈夫!!

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。