理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

【エンジニア男子必見!】婚活がうまくいく男性は自分を良く見せようと思っていない!?

f:id:With_it_ab:20191127130932j:plain

人はどうしても自分より、大きく見せようとしてしまう生き物です。婚活においてもお相手に気に入られようとして、大きく見せてしまう男性会員の方は、たくさんいらっしゃいます。ある程度は仕方ないですし、それが男性というものなのは否めないもの。また場合によっては、本来の自分以下に見せようとする人もいらっしゃいます。

謙遜が美とされる日本ではよくある現象かもしれません。しかし、婚活をしている中で、お相手の方が最も魅力的に思うのは、素を見せてくれて、自分もそれ以上にもそれ以下にも見せようとしない方です。例えば、見栄を張って自分を大きくみせたとしても、その嘘はいずれバレてしまいます。高級な洋服を着ていても、自宅に行くと実はそこまで立派ではなかった・・・年収を高めに見せたくて、洋服だけ身の丈以上のものを着た男性が女性からがっかりされる時に、起こりやすいパターンです。嫌われる男の典型的な例とも言えます。今の自分ができる精一杯の工夫されたおしゃれで清潔感を出していれば、好感が持てますし、がっかりされることもなかったでしょう。

モテる男はまさに、背伸びをせずに等身大の自分を相手に見せるのです。女性も自然体の男性の姿をみれば「自分も自然体でいいんだ」と感じることができます。

婚活で早くお相手が見つかる方は①居心地が良い②会話のテンポが合う③素でいられるという共通点がありますね

等身大とは、自分ができることとできないことをしっかりと把握しているということなので、本人が無理してハイブランドばかり身に着けていることを辞められない方は、女性よりも前に自分と向き合う必要があります。自分のできない部分を認めることがでいれば武器にもなる。ありのままの自分を受け入れている人というのは、他人からすれば「この人であれば、本当の自分を見せられるのはないか」と思ってもらいやすいからです。反対に謙虚しすぎると卑屈になってしまい、周囲の人は「なんだか嫌だなぁ」と遠ざけようとします。もちろん、等身大で常に生きることは大変です。ブレてしまうこともあるでしょう。しかしその都度、自分で気づいて軌道修正していけばいいのです。

くれぐれも等身大とは、だらしないとかおしゃれに気を使わなくて良いのだという事ではなく、自分のできる範囲で努力することが必要なのは忘れずに!



 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。