理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

【婚活エンジニア必見】自己PRの内容が微妙だとお見合いできない?!プロフィールで選ばれるコツ

f:id:With_it_ab:20190626160337j:plain

結婚相談所で活動する場合も、マッチングアプリなどをやっている人は分かると思いますが、約6万人が登録しているシステム(IBJ加盟の結婚相談所の想定)に、プロフィール写真や自己PRを掲載します。
※もちろんIBJ加盟の結婚相談所に入会している人しか利用できないシステムです。

そのシステムを利用してお見合い相手検索して選ぶのですが、その際には写真だけでなくプロフィールの内容が判断材料となるのでとても重要なんです。

なぜなら結婚相談所のプロフィールページはかなり充実していて、自己PR以外にも担当者からのコメント、家族構成や結婚後の同居の可否、宗教の有無、所有資産、お相手への希望などなどたくさんの情報が盛り込まれているからです。

プロフィールページの中でも大半を占めるのが自己PR。その内容次第では「いつまでたってもお見合いが組めない」なんてこともあるため、自分を上手くアピールして「選ばれる人」になるための工夫が必要なんです!

では、具体的に何をアピールしたら良いのでしょうか? 自己PRの書き方については、特にルールなどはありませんが、自分が得意なことや自慢できることを「さりげなく」アピールすると良いと思います。

また、休日の過ごし方や趣味などの情報は、相手を選ぶうえで重要な情報になるため、相手にどう思われるかを意識して書くことで、誰でも簡単に好印象を与えるプロフィールを作ることが可能です。

自己PRを書くコツは、「相手にどう思われるか」を意識すること。自慢話や自分を過剰評価しすぎてしまうと、相手に嫌な思いをさせてしまい逆効果になる場合もあります。

また、相手への要望を伝える場所でもありません。誰が目を通しても気持ちよく読み進められるよう、明るくポジティブな文章を心がけましょう。趣味を1つに絞るよりも、2~3つほど織り交ぜながら書くほうが、互いの共通点を見つけやすくなり印象も良いです。

自己PRでは、将来の結婚観についても触れるのもおススメです。書く内容としては、相手に理想の条件ばかりを求めるのではなく、「こんな結婚生活がしたい!」という自分の将来像を相手に伝えるのはGOOD。

お見合いを成立させるためには、プロフィールの自己PRの内容がとても重要です。エンジニアの皆さんは文章を書くことやアピールが苦手という方も多いかもしれませんが、結婚に対する真剣な気持ちが伝われば、そこまで文章力を気にする必要はありません。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。