理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活では何よりも「会話」が大事。苦手とか言っている場合ではない!!

 

f:id:With_it_ab:20200302100713j:plain
with_it
は理系やエンジニアに特化した婚活エージェントです。IBJ(日本結婚相談所連盟)公認なので、マッチングできる会員は6万人を超えていますが、丁寧かつきめ細かい個別サポートが人気の結婚相談所です。

結婚相手の紹介だけでなく、婚活中の男女にデートの場所選びからデート中に押さえるポイント、コミュニケーション方法などもレクチャーしています。

婚活中の理系やエンジニアの男性の中には、容姿がすぐれていたり経済力があるのに「二度目のデート」に結びつかず、なかなか結婚できないという方が少なくありません。

その大きな原因は「会話がうまく続けられない」「女性との会話を楽しめない」ということが考えられます。

婚活においては、会話はもっとも重要なもので、会話がなければ婚活は進展しませんし、デートにもなりません。会話ができないと相手を知ることもできないので、一緒にいても楽しくない。そうなると「また会いたい」と思っていもらえないので結婚を考えることもできないのです。

身だしなみも整えてデートに行っても会話がすべてだといっても過言ではないのです。

そうは言っても「女性と何を話していいのかわからない」という方が多いので、ポイントをご紹介します。

婚活において、お見合いやデートの際には相手のことを知ろうとして、質問をする場面が多いですよね。そんなときは、、、

1.質問が「尋問」にならないようにする

相手のことを知ろうとしてまるで刑事の取り調べのように次から次へと質問をする男性が時々いますが、それダメ!

その積極性は素晴らしいことなのですが、ちょっとよく考えてみてください。女性は質問されることは決して嫌ではなく、むしろ「興味をもってくれて嬉しい!」と感じます。ただ、質問が矢継ぎ早に次から次へと飛んでくると「尋問されているみたい・・・」という風に真逆の反応になってしまうのです。

 2、コツは「AND YOUの法則」

女性はコミュニケーションが得意な方が多いですし、質問上手だったりします。だからといって男性がただその質問に応えているだけではダメ!一方的に話してばかりになってしまいますし、相手のことを聞き出せません。

かといって会話の主導権を握るのが苦手という方は、ある程度は女性にお任せするのもありです。ただし、必ず「AND YOU」の法則を使いましょう!質問の回答のあとはに「ちなみに、○○さんは?(AND YOU?)」を付け加えればよいだけです。

この2つのポイントさえ押さえられれば、女性との会話で失敗することはないと思います。もちろん自慢話や下ネタなど空気を読めないような話はしないことが前提ですが、真面目に婚活をしようという男性はそこはあえてお伝えする必要もないかなと。

繰り返しになりますが、婚活において会話は重要です。「苦手」なんて言っている場合ではありません。女性と話す機会を意図的に増やして場数を踏んで、いざ本番で特訓の成果を発揮できるように準備しておきましょう。

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。