理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚活業界にもオンライン化の波?!コロナに負けない婚活のススメ

f:id:With_it_ab:20191016141216j:plain

新型コロナウィルスの影響で緊急事態宣言が出されて以降、テレワークだと自宅にこもりっきりもしくは、会社と家の往復だけで毎日で、婚活どころではないという人も多いのではないでしょうか。

仕事や趣味で忙しかった人や一人が気楽でいいなーと思っていた人も、この状況下ではさすがに人恋しくなってくるもの。一人暮らしをしているとなおさらですよね。そんな気持ちになっているなら、ぜひ婚活を始めてください。

こんな状況で何をしたら良いの?と思われるかもしれませんが、今婚活業界にもオンライン化の波が来ています。例えばマッチングアプリのペアーズがビデオ通話機能を追加したり、結婚相談所のお見合いはオンラインお見合いに進化していたり。

ですから、家にいる時間が増えたいまだからこそ、オンラインを活用した婚活を始めるチャンスなんです!交際経験が少なかったり、女性と二人きりで話すのが苦手という男性にとってはオンラインのほうが有利だったりします。

まずは気になる女性とLINEをしてみることから始めましょう!ただし、LINEは婚活にとっても便利なツールです。いくつかのポイントさえ押さえておけば、きっと気になる女性との距離が上手く縮められるはずです。

最大のポイントはLINEはネガティブな話題でなく、ポジティブな内容にするということ。

まだ彼氏でもない男性から「コロナのニュースばかりで毎日嫌になるよね・・・」なんてLINEが送られてきたら、女性はどんな気持ちになると思いますか?

何気なく送ったメッセージかもしれませんが、実はこれは女性に嫌われるリスクの高い「送ってはいけないLINE」なんです。

一度ぐらいなら「ほんとだよね、いろいろお疲れ様♡」と返してくれる人もいるかもしれません。でもあなたとのLINEのやり取り後に楽しかった記憶は残りませんよね。

ましてやこれが毎日送られてきたら、女性はうんざりどころかブロックしちゃおうかな、、、という気持ちにさえなります。

お疲れー。今日お取り寄せで〇〇を食べたんだけどすごい美味しかったよ!良かったらトライしてみてー

 のほうが、すぐに返信したい気持ちになるし、やり取りをした後もワクワク感が残るし意味のあるLINEだと思いませんか?

例えこんな状況で出社していたとしても、連日のコロナ報道でいやな気持だったとしても、そのネガティブな話題をわざわざ好意を持っている女性にする必要は全然ないんです。

人間はポジティブな会話をしたり楽しい時間を一緒に過ごせた人に好意を抱くものです。吊り橋効果でドキドキ感から恋愛感情が生まれることもありますが、それはLINEではなくリアルでの話。

ですから、まだ正式にお付き合いをしていない相手に対しては、ネガティブな話題はできるだけ避けたほうが良いと思います。

相手の表情が見えないLINEだからこそ、ポジティブで楽しい話題でやり取りを続けましょう。

ではどんな話題が良いのか?ということですが、女性が興味のあることであれば何でもOKです。ただしポジティブな話題に限ります。

例えば映画を見るのが趣味という女性だったら、「おすすめの映画は何?」「公開予定の映画だったら何が一番気になるか」など未来につながる話題でメッセージのやり取りをしましょう。自分が映画に詳しくなかったら、いろいろ質問すればよいだけ。

オンラインでつながった状態で同じ映画を見る「オンライン映画デート」なるものも流行っているみたいですよ。

もちろんお互いが好きという気持ちになって、深い付き合いになれば話は別です。結婚したら病める時も健やかなる時も、とにかくどんな状況でも支え合わなけrればいけなくなるわけですから、ときにはネガティブな話題も必要です。

でも婚活中に出会ったばかりの相手には、できるだけポジティブな話題でLINEするようにしましょう!ネガティブな部分はTwitterに吐き出すか、男友達や後輩とオンライン飲みでもして発散しちゃいましょう♪

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。