理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

オンライン婚活は「家事力」をアピールするチャンス?!年収=男の価値じゃない

f:id:With_it_ab:20200502090900j:plain
男性からの婚活相談で多いのは、「自分は年収も高くないし、外見も普通女性との恋愛経験が少ないけれど結婚ができるのかどうか」ということ。オンライン婚活を始めた方からも、何をアピールしたらよいか分からない。。。という相談がありました。

男性は年収=男としての価値と捉えてしまいがちです。ひと昔は「男は稼いでなんぼ」みたいな風潮があったのも事実ですが、今は共働きが当たり前の時代となってきているので、年収が高い人が必ずしもモテる時代ではないのです。

実際にwith_itの会員の多くが男女問わず共働き夫婦を希望しています。女性からしても、彼氏なら家事をできなくても良いけれど、結婚は生活なのでお互い働いているのだから「旦那」には家事をやってもらうのは当たり前の時代という認識が20代~30代前半ではほとんどです。ですからアピールすべきは「年収」や「恋愛経験の多さ」ではなくずばり「家事力」です!!

一人暮らし経験のある方ならわかると思いますが、「家事」と聞くと洗濯・料理・掃除を連想するかもしれませんが、それだけではなく、食料品買出し、皿洗い、ゴミ出し、リサイクル分別、ペットの世話、子供の世話、電球交換、業者とのコミュニケーション等やることは色々あります。

実は当たり前のようにこなす家事は下記のような力も必要なのです。

・決断力(今日は何食べよう?何作ろう?)

・判断力(むこうのスーパーのほうが安いな)

・行動力(今日は窓ふきをしよう)

・タイムマネジメント(夕食は6時からだから今から準備だ)

・リーダーシップ(僕がやっておこう)

・コミュニケーション能力(ほかに買ってきてほしいものはある?)

これ!すべて仕事で必要な要素がすべて結集されています。

つまり家事を日常でスムーズに行える男性は仕事でもデキル男性とも言えます。

婚活で年収や年齢は気にしないけど、家事のできない男性はちょっと嫌かな~と思う女性も増えてきました。また、家事をサポートするという言葉を使うのではなく、家事の分担を率先してしますという表現をできる男性は、女性から「わかってるな~」ということで未来の旦那様候補として非常にモテます

どんなに年収が高くても実家暮らしで家事も何もしたことがない男性が働く女性を結婚相手として希望するなら、間違いなく選ばれません。女性からしてみると共働きなのに私が2人分の家事をいつもやるわけ?と嫌煙されること間違いないです。

自分は容姿には自信がないとか、年収高くないから婚活うまくいかないと思っている男性諸君!「家事は得意です!任せてください」をプロフィールに記載すれば、しっかり働く女性からのオファーが殺到すること間違いないです!

オンライン婚活は家事力をアピールするには絶好の機会です。簡単に作ったおつまみを紹介するのもよし、きれいに整理整頓された部屋を見せるのもよしです。必ず「今日何をしてましたか」という会話になるはずなので、そんなときは「今日やった家事」を話せばよいんです。

そんなつまらない話。。。と男性は思うかもしれませんが、それがしっかりとあなたの魅力をアピールしていることになるんです。

婚活市場では、家事ができる男は今注目度No.1のモテ男なのです!!

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。