理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

緊急事態宣言解除でいよいよリアルデート?!婚活デートで失敗しないための3つのポイント

f:id:With_it_ab:20200217103537j:plain

オンラインを活用したお見合いやデートが主流になりつつある婚活市場ですが、緊急事態宣言が多くの地域で解除になり始めたので、次はリアルデート!という人も少なくないはず。

せっかくのデートで失敗しないためにも、レストランやカフェに入る際にこれだけは気を付けておくべきポイントをお伝えしますね。

婚活でのデート中にお目当てのお店に入って席に着く。ごくごく普通の当たり前の動きですが、この「お店に入ってから席に着くまで」の1分前後には様々なハードルがあるのを知ってますか?ここでの行動ひとつであなたの「男の器」がわかる勝負所なんです。では注意ポイントをみていきましょう。

①店員への声かけ

お店に入った瞬間に店員がすぐ案内してくれるとは限りません。そんな時、モジモジしていたり、だまっていたりは最悪のパターン。男性であるあなたがさわやかにテキパキと店員に声をかけましょう。くれぐれも高圧的な態度にならないように。

 ②お好きな席をどうぞの場合

予約していないお店に入ったときは「お好きな席をどうぞ」というケースもあります。窓際の席にするかそれとも空いているゾーンを選ぶか難しいところ。それでも先導するのは男性のあなたの役目だと覚えてください。ただし必ず先に女性の意向を聞きましょう。席が決まった場合でもどちら側に座りたいのかは好みもあるので、こちらも女性の意向を聞くのが正解です。

女性に聞いてどっちでもいいと言われたらどうしたら良いですか?

そうですね。そんな時は落ち着いて話せそうだ思う方を選んでください。

 ③すぐにメニューを見ない

座ったと同時にメニューを見るのはいかにも余裕がなさそうに見えるので止めましょう。そして言うまでもなくメニューが一つしかなかったら、まずは女性からみてもらうようにしてください。

 

あとよくあるのが、最近こそ喫煙席が少なくなりましたがあるお店だと「喫煙席でしたらすぐに案内できますが」というパターン。どんなにあなたが喫煙する人でも待つのか、すぐに入れることを優先するのかは、男性のあなたが判断するのではなく、女性の意向が最優先です。

どれも、そんなに難しいことではないですし、この3つのポイントさえ押さえておけば相手に悪い印象は与えることはありません。ぜひ緊急事態宣言が解除され、いざデートとなった際にはぜひ実践してみてください!

 

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。