理系・エンジニアのための出会い・婚活情報メディア

理系・エンジニア向けの婚活サービスを提供する「with_it」が、エンジニアの出会いや婚活に関する情報を掲載しています。

婚パで肩書詐称が相次いでいるって本当?エンジニアにおススメな婚活パーティーとは

f:id:With_it_ab:20200523101818j:plain

出会いを目的に利用者数が年々増加し、気軽に出会いを求める手段として最近注目されているのが婚活パーティーや街コンなどのイベントです。「出会いはないけど彼女がほしい」「そろそろ結婚したい」という理由から興味はあるという人も多いのではないでしょうか。

しかし、先日の日本経済新聞でこんな気になる記事を発見してしまいました↓↓↓

www.nikkei.com

この記事では、女性の被害が増えていることをメインに伝えていますが、実際には女性のみならず男性も被害を受けるリスクはあります。婚活パーティーや街コンは気軽に出会える場所である反面、相手の身元が完全に保証されているわけではないということを覚えておきましょう。


今回は、緊急事態宣言が解除された後に、いざ婚活パーティに出向いてみようかなと考えている人や、婚活パーティーってぶっちゃけどうなの?という方、パーティーとかちょっと苦手というエンジニアの方におすすめの婚活パーティーの選び方をご紹介します。

婚活パーティーって何?

最近では「婚活パーティー」は、全国どこかしらで毎日開催されています。婚活パーティーと言っても参加者数や会場、形式もさまざまで、なかにはバスツアーや数日間のクルーズ旅行スタイルのものまであります。

一般的な婚活パーティーでは、まずプロフィールカードを使って、異性全員と3分~5分程度で1対1の自己紹介をします。そのあとフリータイムに突入し、最後に気になる人を何名か用紙に記入、マッチングできたら連絡先が交換できるという流れのものが多いです。婚活パーティは、一度にたくさんの人に会えますし、意気投合すればすぐにお付き合いにも発展。その点婚活アプリやマッチングサイトよりも効率はよさそうですよね。

ただ、参加者が多く、時間も限られているのでじっくり自分を知ってもらうというのは難しいのも事実。つまり見た目と話術に自信がある人にはチャンスかもしれませんが、積極的に声をかけるのが苦手というエンジニア男性には不利なのかも。そうならないためには1対1の時間でどれだけ好印象が残せるかが勝負!いつも以上に見た目(服装や髪型)に気を配り、自己紹介の練習をして挑むのがいいかもしれませんね。

まずは婚活パーティーに行ってみよう

1、婚活パーティー大手のWEBサイトから
大手主催の婚活パーティーであれば、システムも運用もしっかりしているので、初めての人でも安心して参加できます。下記サイトから自分に合ったパーティーを選び申し込むことが可能です。


PARTY☆PARTY…募集テーマ・ジャンルがさまざまで、バラエティ豊富

www.partyparty.jp
おとコン…個室でのトークタイムが2回あるのでしっかり話せる

www.otocon.jp


シャンクレール…年齢別パーティーの種類が多い

www.2400.co.jp

2、街コンサイトで興味のあるイベントを検索する
婚活パーティーよりも気軽に参加できるイベントです。全国の街コンを検索できるポータルサイトで、日付やエリア、キーワードなどから自分に合った街コンを検索することができます。

machicon.jp

3、婚活パーティ+地名で検索してみる
検索エンジンを利用するシンプルな方法ですが、上記1や2では検索できない婚活イベント(バスツアーや地域密着型の企画ものなど)を見つけることができます。

エンジニアにおすすめの婚活パーティー

大人数の婚活パーティーで、積極的に女性に声をかけられるというエンジニアなら、すでに職場にいる数少ない女性を射止めていたり、学生時代からの彼女がいたりと婚活に悩んでいる人はあまりいないのではないでしょうか。

草食系で自分から女性にぐいぐい行くタイプではないエンジニア。そこが魅力でもあるのですが、いざ婚活パーティーに参戦するとなると、やはり少しハードルが高いと感じてしまいますよね。ですからパーティーを選ぶ際には、必ず1対1で会話をする時間が設けられているかどうかは確認しましょう

また、ただ話をするだけのパーティーよりは、同じ趣味を持つ相手と出会える「趣味コン」がおススメです。エンジニアの方は極めて合理的で勉強熱心なのがすごいところですが、興味がないことには無関心だったりする一面も。

実際にwith_itの会員もお見合いやデートの話題に困ってしまうという方が意外と多いです。ただし、自分の好きなことや興味のることであれば、めちゃくちゃしゃべるんですw。ですから、女性と話すのが苦手というエンジニアの方は、まずは趣味コンに参戦してみるのも良いかもしれませんね。

「婚活パーティー」と一言で言ってもさまざまなタイプがあり、本当に自分に合っているかは参加してみないとわからないことも多いです。一度実際に参加をしてみてから、自分に合うかを判断するのがおすすめです。

新型コロナウィルスの影響でオンラインによる婚活パーティーの開催も増えています。リアルでは緊張してしまうけど、オンラインならとエンジニアが本領発揮ができるチャンスかも?

with_itでは婚活に関するご相談・ご質問を随時受け付けてます!

詳しくはwith_itのWEBサイトをご覧ください。

※無料相談のお申し込み、ご質問等はLINEでもOKです。